ホーム > 買いたい方へ > 購入までの流れ

購入までの流れ

購入までの流れ
不動産購入での諸経費
不動産購入Q&A
flow of purhcase
不動産をご購入する流れをご説明致します。
ご質問、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
1

情報収集&住まいの計画

住みたい物件の条件を整理し、より最適な物件を探すために、必要な条件の優先度を考えてみましょう。情報収集は、新聞の広告や折り込みチラシ、住宅情報誌など様々ありますが、現在はインターネットでの情報収集が一番多くなってきています。ただ、ホームページに掲載していない物件もござますので、気になる物件や気になる地域がありましたら、お早めにご相談下さい。

1

購入相談

購入希望条件など決まり、また気になる物件がございましたら、まずは当社までご相談下さい。
お客様のニーズに合わせた物件をお探しします。

1

資金計画

不動産は金額がとても大きい買い物です。物件の価格以外にも、仲介手数料や登記費用などの諸経費がかかります。
まずはじめの段階で、不動産購入にかかる総額をしっかりと把握しておくことが大切です。
事前に借入可能金額を銀行等に確認しておいた方がいいでしょう。

1

物件見学

物件条件や予算の目安が決まったら、具体的に物件を探していきます。少しでも気になる物件がありましたら、まずは実際にご覧になって下さい。
物件の内容だけでなく、周辺環境についても総合的に把握して頂けるように当社でも資料や情報をご用意していきます。

1

不動産売買契約

購入したい物件が決まったら、売主様に対し「不動産購入申込書」を提出します。それから契約に向けての準備をしていきます。
  1. 1. 不動産購入申込書を売主様に提出します。
  2. 2. 住宅ローンの事前審査を行います。
  3. 3. 引渡し時期などの条件面で売主様と交渉を行います。
  4. 4. 当社からご契約前の説明と重要事項説明を行います。
  5. 5. 不動産売買契約の締結と手付金等の支払いを行います。

不動産売買契約時に必要なもの

  • 手付金(売買価格の1割が目安です)
  • 認印
  • 収入印紙代(売買金額によって額面が異なります)
  • ご本人確認資料(運転免許書、パスポート、健康保険証等)

1

住宅ローン申込み

住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。ローンにはさまざまな商品がありますので、当社にもお気軽にご相談下さい。

住宅ローンのお申込みに必要なもの

  • 所得を証明するもの(源泉徴収票、確定申告書等)
  • 住民票、印鑑証明書
  • ご本人確認資料(運転免許書、パスポート、健康保険証等)

1

残代金決済と引渡し

いよいよ取引の最終段階となります。
  1. 1. お引き渡し前の物件確認…「物件状況等報告書」および「設備表」に従って現状確認を行います。
  2. 2. 登記に必要な書類の確認…一般的に司法書士に委任して行います。
  3. 3. 残代金の支払い…買主様から売主様に残代金を支払います。
  4. 4. 鍵の受取り・関係書類の受取り
  5. 5. 固定資産税・管理費等の清算、諸費用の支払い

残代金決済時に必要なもの

  • 残代金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料、登記費用(登録免許税)
  • 司法書士への報酬
  • 固定資産税・都市計画税、管理費などの清算金
  • 住民票
  • 実印
  • 印鑑証明書(抵当権設定時のみ)
  • ご本人確認資料(運転免許証など)

1

引っ越し・入居

引渡しが終わりましたら、物件は買主様のものです。
引越しの計画を立て、いよいよ新しい新居に入居です。
お引越し前後は、電気・ガス・水道・電話・プロバイダの移転手続きをはじめ、役所・学校などへの届け出、金融機関・保険会社への住所変更届が等々、数多くの手続きが必要です。
pagetop