ホーム > 買いたい方へ > 買いたい Q&A
買いたい方へ Q&A
購入までの流れ
不動産購入での諸経費
不動産購入Q&A
for sale q & a
日頃よくお客様からご質問をされることをまとめてみました。参考にしてみてください。
自己資金が少ないのですが、買うことはできますか?
q1
一般的に自己資金は、不動産購入金額の1〜2割くらい必要と言われておりますが、契約時の手付金(物件価格の10%前後の現金)さえあれば、そのほかを住宅ローンで組むことが可能です。金融機関により異なりますので、融資・返済計画を含め、お気軽に担当者までご相談下さい。
購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?
q1
物件以外にかかる諸費用としては、印紙税、登記費用、固定資産税等の税金やローンを利用する場合、事務手数料、保証料、保険料等と中古物件では仲介手数料がかかります。一般的には物件価格の10%前後かかりますので、予め準備が必要です。また、引っ越し代も見込んでおいた方がよいでしょう。
手付金はどのくらい必要ですか?
q1
通常は手付金は売買価格の10%を売主様に支払うケースが多いです。
他のローンがある場合、住宅ローンを借りることはできますか?
q1
現在のローンの毎月の返済額と住宅ローンの毎月の支払いが可能かどうかを審査しますので、借入額に影響が出てきます。
住宅ローンが通らなかった場合、手付金は戻ってきますか?
q1
売買契約書には、買主様が売買代金の一部にローンを利用すること、金融機関名・借入金額を記載します。定めた期間内に住宅ローンの融資承認が得られなかった場合には、契約を解除することができる旨の条文が入ります。万が一、融資承認が得られなかった場合は、契約を解除することができ、手付金は返却されます。借入ができるかどうかなど資金計画は事前にご相談下さい。
価格交渉はできますか?
q1
売主様と買主様との間で、価格も含めた契約条件を調整します。値下げしてもらえるかどうかは売主様の意思・考え方などによりそれぞれケースで異なります。



pagetop