ホーム > 売りたい方へ > 売却までの流れ
売却までの流れ
売却までの流れ
不動産売却での諸経費
不動産売却Q&A
無料審査
flow of sell
不動産をご売却する流れをご説明致します。
ご質問、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
1
ご相談・査定依頼
不動産を売却すると決めたら、まずは当社売買専門スタッフにご相談下さい。売主様の考えやご要望を十分に理解し、売主様に合った査定・売却をご提案させて頂きます。所有の不動産がいくら位で売れるかを調べる価格査定を始めます。売却金額の目安を知ることで、よりよい次へ計画を立てることができます。
2
物件確認・調査・査定
現地や周辺環境の調査、登記簿謄本などにより不動産の状況を確認させていただきます。また、類似する売出中の物件を調査し、売出価格の参考にします。
3
媒介契約
媒介契約には3つの種類があります。
一般媒介契約
複数の業者に売却依頼が出来ます。
専任媒介契約
一社にのみ、売却依頼が出来ます。ご自分で買主を発見された場合は、業者を通さず直接取引が可能です。
専属専任媒介契約
一社にのみ、売却依頼ができます。ご自分で買主を発見された場合でも、業者に対し手数料の支払いが必要です。
4
販売活動
当社のホームページに掲載したり、新聞の折り込みチラシや、不動産ポータルサイトへの掲載なお、いろいろな販売活動を通して、購入希望者を探します。
5
ご契約
購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格の交渉や引渡しなど契約条件を調整します。売主様、買主様が合意に至ったら、売買契約を交わします。
売買契約とは・・・
・「不動産売買契約書」にて契約の詳細を取り決めます。
・売買契約にあたって、売主様は物件の状況を報告します。雨漏りがあるかないか、近隣に嫌悪施設が ないかなど、細かい状況についても報告が必要です。
・物件に付帯するキッチンや給湯器、エアコン等の設備・備品について、不具合や故障の有無などを報 告します。 
・不動産売買契約を締結した後は、契約書の条項に基づいて権利や義務を履行することになります。
引渡し時には、契約時と同じ状態で引渡すことが条件となります。
・契約内容に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、トラブルにならないよう現 状を正確に報告し、不明な点は不動産会社に確認を取りましょう。
契約時に必要なもの
実印 
印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
設備表 
契約印紙代 
物件状況等報告書
本人確認ができる書類(運転免許書、パスポート、健康保険証等)
領収書(手付金)
6
引越し・入居
残代金の受領日までに、隣地との境界確認、引越しや公共料金の清算などを済ませ、買主様へ引渡せる状態にする必要があります。
そして契約に定めた内容で物件の引渡しを行います。物件の状況を改めて確認しましょう。
決済日当日は、残代金の受領、各種負担金(固定資産税や管理費など)の清算、書類の引渡しと同時に物件(鍵)の引渡しを行い、諸費用(仲介手数料や司法書士手数料)の支払いを済ませ、売買契約は全て完了します。
契約時に必要なもの
権利証(登記識別情報)
実印
印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
住民票
固定資産税納税通知書
抵当権抹消書類
登記費用(抵当権抹消登記・住所変更登記など)
物件の鍵


pagetop