ホーム > 売りたい方へ > 売りたい Q&A
売りたい方へ Q&A
売却までの流れ
不動産売却での諸経費
不動産売却Q&A
無料審査
real estate expenses
日頃よくお客様からご質問をされることをまとめてみました。参考にしてみてください。。
住みながら売ることはできますか?
q1
はい。大丈夫です。中古物件の場合、多くのお客様がお住まいになりながら売却をされます。
ご近所に知られないように売却することは可能ですか?
q1
近隣へのチラシ等の配布は控え、インターネット掲載することをおすすめします。インターネットは興味のある方が見るものですので、ご近所の方に知られにくいと思います。また、購入希望者へご紹介したり他の方法でサポートしていきます。
買主様が見に来られたらどのように対応すればいいですか?
q1
事前にお約束した日時に、当社スタッフと一緒に見に来られます。普段どおりの生活をしていてくださって大丈夫です。何か周辺環境やお住まいに関することを質問されましたら、教えてあげてください。
リフォームはしたほうがよいですか?
q1
ほとんどのケースはリフォームせずに販売しています。買主様の好みの問題もありますので、買主様が負担するケースが多いです。ただし、建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却が実現することもあります。弊社にご相談ください。
売りたいのですが、ローン残高のほうが上回りそうです。
q1
物件の引渡し(売買残代金受領時)と同時に住宅ローン等の残債を一括返済し、抵当権抹消をおこないます。
ローン残高が売却代金を上回る場合は、このときに差額を現金でご準備していただく必要があります。
お気軽にご相談ください。
買いかえ先がまだ未完成で、先に自宅が売れたらどうなるのですか?
q1
仮住まいが必要なケースや、買主様に引渡しをお待ちいただくケースなどがあります。お客様に最適なお買いかえのプランをご提案させていただきます。
隣地との境界が見当たりません。どうすればよいでしょうか?
q1
不動産売買にあたり、境界は重要な問題です。境界票が地中に埋まっていないかどうか確認し、発見できないようであれば、土地家屋調査士に依頼し、境界票を設置する必要があります。境界票の設置にあたっては、隣地の所有者の立会いが必要となり、時間もかかりますので、お早めに担当者にご相談ください。
査定はどのようなことをするのですか?
q1
まず査定には、机上査定と訪問査定とがあります。机上査定では、お部屋の確認はしませんが、周辺相場、取引事例などによっておおよその価格査定を行います。スピーディに査定価格をお伝えすることがメリットですが、あくまでも目安の価格となります。訪問査定は、机上査定に追加でお住まいを訪問してお部屋や庭の状態、また日当りや風通し、騒音等などを確認して査定価格を出します。
査定価格とは違った金額で売り出してもいいのでしょうか?
q1
査定価格は、あくまでも周辺の相場や顧客の動向など様々なデータから算出した金額です。これをもとに、売却を急がれている場合、そうでない場合など、売主様の様々な状況を考慮にいれて売出価格を決めていただきます。売主様に最終的なご判断をしていただきます。
売却に関する広告費等の費用はかかりますか?
q1
広告にかかる費用は弊社が負担いたしますので、お客様にご負担いただくことはありません。ホームページへの掲載をはじめ、新聞折込や住宅情報誌などの広告費用は、当社で負担しますのでご安心ください。
売却資金で、買いかえ先を購入したいのですが。
q1
売却資金を受け取るには、買いかえ先に引越しをする必要があります。このようなケースでは、一時的に必要資金を用意する「買いかえつなぎ融資」の利用なども可能です。他に買主様のご了解が得られれば、お引渡し後・残金受領後にも数日間、今の家にお住まわせてもらい残代金を購入先に支払ってから引越しを行うことができる場合もあります。
夫婦で共有名義になっています。特別な手続きが必要ですか?
q1
原則として、契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、ご本人が行う必要があります。そのため、実印や印鑑証明書などをそれぞれ用意する必要があります。
売却した場合、確定申告が必要ですか?
q1
売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要になります。申告手続きは税理士に依頼することもできますし、ご本人でも十分に可能です。各税務署で申告書の書き方について、無料相談を実施しています。



pagetop